2016年11月6日日曜日

銭瓶窪右岸分水

■目黒の…

日の丸自動車教習所のあたりにあった、左右の三田用水銭瓶窪分水。

 そのうち、最終的に、慶応幼稚舎のすぐ北にある渋谷川にかかる狸橋のやや東に落ちる左岸分水は、別名白金分水とも言うが、とくに山手線から東は、そこからの谷筋が明確なために、ミクロ的には本水路の位置を間違えやすい場所もいくつかはあるが、マクロ的にはトレースが比較的しやすい分水といえる。

 ■これに対し…

目黒川に落ちていた右岸の分水は、元松平主殿〔とのものかみ〕の抱屋敷、別名「絶景観」


広重・絵本江戸土産「目黒千代が池」





を通って、目黒川沿いの田んぼを潤していたはずなのだが、当地が比較的早い時期から宅地開発のための造成が進み、ほかの場所なら有用な大正期の1万分地形図「三田」では歯が立たない*

*【追記】17/04/01M42測T06修測1/10000地形図「三田」では、これと思しき池の周辺はすでに雛壇式に宅地造成されていて、原地形を読み取ることができない。
最近入手できたM42 測と推定される1/20000地形図「東京南部」によって原地形が判明したので、後記の郵便地図や幕府普請方の沿革図などと照合することによって、銭瓶窪右岸分水とこの池の位置関係をあらかた解明することができた。順を追った説明がややこしいので、詳細は別稿


銭瓶窪右岸分水と千代が池
http://mitaditch.blogspot.jp/2017/04/blog-post.html

で。

■そんな折…

国立公文書館のデータベース
https://www.digital.archives.go.jp/

を覗いていたら


 なる文書が目にとまった。
 
 作成年は、明治12年で、今の防衛研究所のところにあった、海軍の火薬製造所が本格的に稼働し始めた時期である。
 
 そのころ、目黒に陸軍も火薬製造所を持っていたことは何かで読んだことがあるうえ、渋谷川からも目黒川からも離れている三田村で「水車場」となると、どこにあるにせよ、三田用水の水を使っていた可能性が高いので、さっそく、文書データにアクセスしてみた。
 

■幸いにして…

この文書には、当該の土地の図面までしかもカラー画像で添付されていた。
 
 
 
 ただ、同文書によれば、返付する「元水車場」の土地は、所在地が「三田村拾四番地」
となっている。しかし、このころ、三田村14番の土地は、すでに海軍火薬製造所の敷地の一部になっていたはずのうえ、文書中の水路・道路、つまり地形が当時の14番地あたりのそれとも整合していない。

■そこで…


明治44年のいわゆる郵便地図
東京逓信管理局「東京府荏原郡目黒村」 明治44年(1911)/逓信協会・刊 〔部分〕
 
 
で、近隣のそれらしい場所を探すと、地形〔ぢがた〕が図面と酷似している土地として、同村「五拾四番地」があり、どうも地番を誤記した可能性が高いと考えられた。
 
 そうとすれば図の上方の水路は三田用水であり、そこから分水された左上から右下への水路は、銭瓶窪口右岸分水のそれということになる。

■なお…

明治13年の迅速測図では、この場所に水車記号の付された建物が表示され、火薬製造所と表記されている。

農地利用変遷マップ「関東平野迅速測図」より抜粋して画像調整http://www.finds.jp/altmap/rapid_kanto.html.ja?op=0,100,0&lon=139.71432037390133&lat=35.63853558110269&zoom=17&layers=B0FFF

  なお、上の図には、三田村54番地の水車の、三田用水をはさんだちょうど対岸、つまり銭瓶窪口左岸(白金)分水にも水車記号の付された建物がある。
 その位置からみると、これは、三田村60番地にあったとされる、吉田弥市郎設置の水車(三田用水普通水利組合「江戸の上水と三田用水」同/S59・刊 p.197参照)と思われる。

*大名屋敷とはいえ、いわば「外から丸見え」の状態に描かれているが、実はそれには理由がある。
 歌川広重が、これを描いたのは1850年前後。それにはるかに先立つ享保2(1717)年2月の
幕府の
 「抱屋鋪構之囲取払可」との触によって、幕府から拝領した上中下の屋敷(いってみれば官舎)と違
 い、私有の屋敷である抱屋敷については、既存のそれを含めて塀などの囲いを設けることが禁止さ
 れていたのである。
 とはいえ、実際には、地境を示すのと用心のために、ヒイラギなどで「垣」を設けたのではない
かとも
 思われる(木を植えることには差支えがなかったはずで、むしろ、当時の抱屋敷の機能の一つとして、
 火事で江戸府内の拝領屋敷が焼失したときの再建用の木材を確保するために備えて林を立てて置
 いた例も多い)が、それでも「塀」と違い、地形によっては中が丸見えになる屋敷があっても、特段に
 不思議はないのである。

2016年11月2日水曜日

玉川上水/三田上水開鑿当時の測量技術について

■「皆さん、何をわざわざ小難しくお考えになっていたのでしょう」

三田上/用水に関連して、玉川上水について調べてみると、距離約43キロ、高低差約90メートルの水路を作った測量技術について、様々に論じられ、中には、いわば単なる都市伝説としか思えない提灯や線香を使った測量について実験した方までおられるようである。
 しかし、「そんなヒチ面倒くさいことを、特に差し迫った必要がなければ『するわけない』」ので、いろいろ冷静に調べたり考えたりしてみると*1、結局のところ
・多摩川のどこから江戸御府内のどこまで
・どのようなルートで水路を通すのか
という、いわばマクロ的な基本設計(当時は「見立て」といったようである)が「めちゃくちゃ」に難しいのはわかったものの*2、そういった基本設計ができた後の、数キロ単位での個別の水路の流路と深さをどうするのかといった、いわゆる実施設計(同じく「水盛り」といったらしい)とそれに基づく実際の施工については、当時すでにあった技術に照らして、大して難しい話ではないことがわかってきた。

*1 なぜか、どの論考も「できる、できない」の議論に終始していて、そもそもそこに「思考の手順」の間違いがあります。つまり、
(1)当時」の在来技術は「こうだった」
(2)しかし、玉川上水の場合「かくかく」の事情でそれが使えなかった
(3)だから「提灯・線香測量」をするほかなかった
(4)実験の結果「提灯・線香測量」は可能である
という論理なのですが、論証されているのは最後の(4)だけ(これが正しいことはおそらく確かだと思います)。
 要するに、(4)が「できる」ということが証明できているだけで、(1)~(3)の論証が全く欠落しているわけで、結論をいえば「玉川上水の測量〔水盛り〕に「提灯・線香測量」を使ったこと、また、そうせざるを得なかったことは、全く論証されていないわけです


*2 また、この肝心の「見立て」については、「水喰土」とか「悲しい坂」とかいった「ちまちま」した失敗談に触れている方は結構いるのだが、そもそも、どうやって、玉川上水全体の流路を「見立て」たのかについて、管見の及ぶ限りでは明快に論じられているのは見たことがない。もしあるのなら、是非、コメント欄でご教示いただきたい。

  なお「悲しい坂」がらみの、府中の「ムダ堀」については
  http://baumdorf.cocolog-nifty.com/gardengarden/2016/03/part-1-b884.html
  を、ご参照。

■当時の上/用水路についての「既存技術」
玉川上水が開鑿されたのは承応2(1653)年11月といわれているが、当然のことながら、この国で人工の水路が開鑿されたのは、それが初めてのわけではない。*2
 そもそも、農業用の小規模な人工水路は、中世期からすでに山のようにあったと思われるし、日本最初の上水(街場に呑水を給水した水路)といわれるものに、北条氏康(1515 - 1571年)の時代、1545年ころに開鑿されたと推定されている、小田原(大久保)用水
http://baumdorf.my.coocan.jp/KimuTaka/HalfMile/Itabashi01.htm
がある。
 しかし、この用水については詳細なデータがまだみつからないので、玉川上水の直近で、しかも後記のように難易度が高かった思われる金沢の辰巳用水について検討してみる。

*2 堀越正雄「日本の上水」新人物往来社/S45・刊 巻末の「上水史年表」中pp.298-301参照

■辰巳用水は…

金沢城や兼六園に給水していたことで有名な、しかも現役の用水だが

全長約10.5Km(当初開鑿分)
寛永9年(1632)開鑿

 その水路の勾配をみると
・平均 1/780 1.3パーミル *3
・最小 1/851  1.2パーミル 雉取入下連絡口下流
つまり、距離1キロあたり1.2~1.3メートル下るという緩勾配の水路である*4

 一方、
 玉川上水は…

筑波大学図書館・蔵「調布玉川惣畫圖」中、羽村堰を抜粋
https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/limedio/dlam/B15/B1537303/1/lime/10076904663/10076904663_12.html

全長約43Km
承応2(1653)年11月開鑿

と、辰巳用水から30年以上後に開鑿されたのだが
その水路の平均勾配を概算すると
・92m/43000m 2.1パーミル
と、30年前開鑿の辰巳用水の倍近い勾配のある水路であることがわかる。

 また、当ブログのメインテーマである三田用水は、
寛文4(1664)年(前身の三田上水開鑿。後の、三田用水路の経路とほぼ同一)

 平均勾配は、上流約半分にあたる
笹塚取水圦-旧・海軍火薬製造所間で
・10m/5100m 2.0パーミル *5

と、玉川上水とほぼ同様である。

*3 パーミル(‰)=1/1000
*4 青木治夫「加賀の辰巳用水」土木学会・日本土木史研究発表会論文集 Vol. 3 (1983) P32-37  https://www.jstage.jst.go.jp/article/journalhs1981/3/0/3_0_32/_article/-char/ja/
  中pp.32-34b
*5 東京都渋谷区立白根記念郷土文化館・編「渋谷の水車業史」同区教育委員会/S61・刊
  p.8「水路別傾斜状況表」


■つまり…

玉川上水に比べ、30年先立って加賀前田家によって開鑿された辰巳用水の方が、平均勾配が約半分であることに加え、水路上流部の雉取入下連絡口から下流約4キロメートルは隧道(「胎内堀」あるいは「ほっこ抜き」ともいう)なのだから、水路の実施設計と施工の難易度の面では、玉川上水よりもはるかに高かったのである。

■そもそも…

ある場所と他の場所を比べて、どちらがより標高が高いかを、測定したり、確認したりするためには、まず、水平な面あるいは水平な線を設定しなければ、始まらないし、逆にこの「水平」が設定できれば「あとは何とかなる」はずである。



 考えてみると、この水平だけでなく垂直が設定できなければ、東大寺の大仏殿はおろか法隆寺の金堂もまともに建つはずがないので、まず「古典中の古典」の技術からみてみることにした。


●垂直を求める
 これは、今なら小学生でも知っている方法だが、「下げ振り」といって、糸の先に錘〔オモリ〕を付けてぶら下げれば、糸は垂直に真っすぐに垂れ下がるので、いとも簡単に垂直は求めることができる。*6


「松崎天神縁起絵巻」〔伝1355
年〕(巻の6)抜粋


●水平を求める
 水平のことを、かつては「陸〔ろく〕」と言っていたが、これも古来から、文字通り水を使って求める現代の水準器にあたる技法があった。


春日権現験記繪 巻1
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2590960/19
から抜粋
この国会図書館・蔵のものは写本だが、オリジナルの描かれたのは、なんと延慶2(1309)年である


*6 細見啓三「水盛りと遣方の歴史」(大阪建設業協会・編「建築もののはじめ考」新建築社/昭和48・刊 pp.260-265)p.264。
  なお、http://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201308_09.pdf
  の「図3」参照

■とはいえ…

「春日…」のように、いちいち水を使って水平を求めるというのは、範囲の狭い建築現場ならともかく、用水路に応用するのは、距離も長いため何度も繰り返し行う必要があるうえ、水平線が出せれば済むわけではなく、それを基準線にして一定の勾配を設定しなければならないことを考えると、可能ではあるといっても、煩雑である。


 しかし、上記のように、垂直なら「下げ振り」で、どこでも、いつでも簡単に求められるのである。


 垂直線が求められるなら
・それと直角を為す線が水平線である
・直角は、
  ピタゴラスの定理の、辺長3:4:5の三角形を作るか、そうでなくても、
  紙を精確に4つ折りすれば、
 作ることができる
のだから、「垂直線+直角の定規」さえあれば、水平を求めることができることになる。

 しかして、直角の定規については、先の春日権現験記繪 巻1でも、長短の定規を直角に組みあわせた曲尺〔かねじゃく〕が描かれていて、すでに実用化されていたことがわかる。*7




前同
左右の男2人とも、墨壺と曲尺を持っている。
また、右側の男は、「松崎…」のそれと同様に、墨壺を下げて垂直を出している。

*7 前掲・細見pp.264-265

■つまりは…

糸と錘で設定した垂直線
曲尺などの直角定規
の組み合わせで、水平を測る器具は作れることになる。


 実際、
村瀬義益「算法勿憚改〔さんぽうふったんかい〕」(1673)
http://base1.nijl.ac.jp/iview/Frame.jsp?DB_ID=G0003917KTM&C_CODE=XSI6-002004&IMG_SIZE=&PROC_TYPE=null&SHOMEI=%E3%80%90%E7%AE%97%E6%B3%95%E5%8B%BF%E6%86%9A%E6%94%B9%E3%80%91&REQUEST_MARK=null&OWNER=null&IMG_NO=57
の57コマには、この手法をシンプルかつエレガントに実現した器具が図解されている。


 この本の出版は、玉川上水の開鑿からは20年ほど後ではあるが、当時の日本数学〔和算〕の知見やその応用技術を集成した書物なので、この種の器具がこの時期に(もちろん土木や建築専門家の間で、ではあるが)すでに普及していたことを示していると考えられる。

 この57コマの図解のような器具を上下逆に使い、


 右端の錘を吊り下げている糸の取り付け位置を上端近くに変えれば、
 
 
上端の横木を水平に設定できるので、そこを見通すことによって遠隔地との高低差も測定できることになる。

■確かに…

玉川・三田上水とも、平均勾配は、2パーミルほどで、鉄道の場合でも勾配といえないほどの勾配であるが、それでも、距離1000メートルに対し2メートルもの高低差がある。


 つまり、100メートル(かつての約1町)の距離では20センチメートル(同じく7寸弱)、半分の1パーミルの勾配でも10センチメートル(同じく3寸強)の高低差が測定できればよいので、視力のよい者ならば、まして当時は空気が今より清浄だったので、十分可能だったと思われるのである。

■一説にある…


提灯などの灯火を利用した測量については、


村井昌弘「量地指南」(享保18 [1733])後篇巻之3
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8943077

の3-4コマ目に「夜中見町」と題して、紹介されてはいる。



「量地指南」「夜中見町」説明図







 とはいえ、解説文に「古傳に云〔こでんにいふ〕」「…云々」などとあることからみても、紹介の域を出ていないし、図中の注記には「忍ノ術ナル故小差ヲ不論也」〔しのびのじゅつなるゆえ、しょうさをろんぜざるなり〕とあって、いわば、隠密裏に距離などを測定するほかない事情のあるときに、ある程度の誤差の生ずることを覚悟の上で採る手段なのだろう。

 そのような場合、目標となる灯火(図の上方)を測量者が持ってウロウロしたのでは「忍」も何もあったものではないので、敵地のかがり火なり寺社の常夜灯などを目標物にして、逆に測定場所の方を、上の図でいえば「見込」の位置と「見返」の位置との2か所とし、それぞれで測ったときの両者の角度の差から目標までの距離を算定する方法と思われる。

 それならば、手元の測量器具を、線香や火縄のほのかな光で照らすだけで、データが得られるので、誰にも気取られずに測量することも、たしかに可能となる。

■加えて…


提灯については、もっと「有り得る」理由が考えられる。


 測量といっても、レベル、トランシット(セオドライト)のように「望遠鏡」が測量機器に取り付けられたのは、わが国では、江戸の後期、伊能忠敬の時代(1745-1818)*8近くになってからと思われ*9、それまでは裸眼目視を基本とする技術なので、測定者の視力に加え、大気の状態に、測量の可否・精度が大きく依存することになる。
 したがって、この種の測量は、
・夜霧がはれ、かつ、
・地面が温まってかげろうが立つ前
に行うのが理想条件といえる。
 そのような条件下で測量するためには、遅くとも、かわたれ時、つまり薄明の時期に、宿営地から測量場所に向かって出発する必要があり、その行程には提灯が必要だったのではないかと考えられるのである。



*8 江戸後期の測量器具については  http://www.geocities.jp/kyo_oomiya/tran.html 参照
*9 江戸後期のレンズを使った測量器具については
  Web「我が徒然」中「江戸時代の測量儀  (18) 」
  
http://plaza.rakuten.co.jp/ntonkatu/diary/201104180000/
  中の「中方儀」参照
  なお、すでに伊能当時には、堺の貝塚に岩橋善兵衛という有名なレンズ製作者がいた
  (薮内清「昔の測量器械」(前掲「建築 もののはじめ考」 pp.381-385) p.384)という